6月26日の日記 野田の虐待事件の母親の判決について

昨日は午前中は血糖が朝で243と高めに動く。

そのせいか、一日すぐれない日々が続く。

夕刊こなして、塾の仕事を一コマこなしていく。

野田の児童虐待の母親の判決が下る。

執行猶予のついた懲役刑であった。

この母親も夫の前ではDVを受けていて娘が虐待を受けいていてもなすすべがなかった。

児童相談所は家族とのやり取りの中で娘同様に母親も救うことができなかったのかどうか考えてしまう。

児童相談所は対応が余ったかとのコメントでこの事件の幕引きを模索しいるみたいであるが、せめて今回のケースにおいては今後のためにやり取りなどを公開してもよかったのではないかと考えてしまう。

児童相談所にも親に親権の前にはなすすべがないのかもしれない。

すくなくとも親権の停止は2年間は児童相談所の権限を行使できるわけであるのだから今回のケースについてはそれが可能であったどうか、今回の場合、何らかの形で検証はしてほしいと思う。

私の知り合いの尾野里梨さんが今回の野田の虐待について同人誌で野田市の教育の内部について同人誌にまとめているが

 野田市小4女子虐待死事件本+虐待サバイバーアクセサリー通販開始!

今回の案件についてあまり行政としては対応していないのが見えてくるし、行政としての処罰についても一名くらいの更迭で事件としての終結を図っているところがみられる。児童虐待についての緊急時の48時間ルールについても、48時間の根拠が見いだせていないまま、行政側のルールとして定着している。

最近の札幌の児童虐待も似たような経緯がうかがえる。

ここ一年くらい児童虐待が何かと騒がれているが。行政側の対応はそれほど変化していないのが見えてくる。

マスコミやネットを見ていても児童相談所の機能や人員を強化すればどうにかなるのではないかとコメントをしているが私にとっては疑問符が付きまとう。

児童虐待で親権の停止などそれなりの権限があっても行使できてないのに権限や人員が増えたところでどうなるのか、個人的に児童虐待を見てきたものにとってどうなのかと感じてしまう。

虐待の悲劇の多くは行政が介入しだしたときによく起こる。

野田にしても札幌のケースにしても同様に行政が介入すると相手に勘繰られたときに親に拒否されて虐待死にいたるケースがある。これに対して行政なり私たちがどう向き合っていくのか考えていななくてはならないと思う。

マスコミやネットのコメントを見ている限りにおいては児童相談所に丸投げしてしまえばどうとでもなるとも読み取れなくもない。

児童相談所の介入は個人的は好きにはなれない。

簡単に家族のことに国家が容易に介入しかねからである。

児童虐待は女性、貧困、社会福祉など複雑に混ざり合っている。

こうすればどうにかなるとかの解決で済む話ではない。

一つの解決が他にどのように影響を及ぼしているのかを考慮して取り組んでいかないと

前には進まないと思う。

 

児童相談所の危機管理

最近、気になっていることで児童虐待についてである。

細かいことはよくはわからないがフリーライターの今一生さんの講演会などを通じて、子供のころに虐待を受けて今でもその後遺症に苦しんでいる、虐待サバイバーと言われている人たちと知り合うことができた。

あと今さんの虐待サバイバーが親にあてた手紙の本などでこども虐待がいかなるものかを垣間見た。メディアに報道されているこども虐待というものは軽いほうかもしれない。手紙の内容が深刻で報道されることは難しい。というのは性的虐待がこども虐待のほとんどを占めている。毒親への手紙も性的虐待に関するないようのものが多い。

 野田の虐待で女の子が親に性的虐待を受けたとの記事があるがこれはこども虐待ではよくあるほうである。

 私個人として去年、今さんの講演会にスタッフのメンバーとして参加したりしてこども虐待については付かず離れずでかかわっていきたい。

 最近、目黒のこども虐待死からこども虐待についてはネットであれ、メディアの記事であれチェックはしている。

 今回、札幌でこども虐待死があったが、これについても児童相談所のコメントを読んでいると対応の甘さというコメントで説明している。

 目黒についても、また野田の事件についても同じような見解でなされている。

 気になることとして児童相談所の危機管理というものがどうなっているのかである。

 こどもの虐待の危険度に応じてどのように対応していくのか、ランク付けなりマニュアルというものがあって対応できたかどうか、児童相談所のコメントを見ている限り検証のしようがない。

 メディアの報道についても児童相談所のコメントで報道打ち切りといったケースがほとんどで野田でも目黒でもいえる。

 親と児童相談所のやり取りについて、児童相談所が何らかの対応をしようとしても親の意向でこどもに会うこともできなければ、できないとしても児童相談所側が何か強権を使えるかというばできないでいる。

 周りは周りで、通報なり親は他と比べておかしい言ったコメントがあるがこれはこの事件を他人事のようにとらえていると感じなくもない。

 自分の中ではこれらの人々は、ナチスアイヒマンの思考とそれほど変わらない。社会なり毒親たちに責めは追わせるべきで自分には何ら責めはないのであると。

 児童相談所が親に強権を振るえないのは民法の親権が立ちはだかってなすすべがないのが現状である。児童相談所がこどもの虐待死の原因を対応の甘さでコメントしているのはこうした民法の親権問題が見え隠れするのがわかる。

 虐待のこどもを他人が匿ったとしても親が誘拐と言ってしまえば、匿った他人が犯罪者として問われる、これがこども虐待の現状といっても過言ではない。

 こども虐待の解決にむけてのカギは民法の親権に手をつけれるかどうかにかかっている。今さんが講演会で述べているように、親以外に何人かで親権を分け合うことができれば、こどもが虐待にあったとしてもこどもは他の親権を持っている人のところへ逃げることができる。いまこどもの現状では虐待があったとしてもこども逃げることろはどこにもない。こどもが家出とかするのはこどもに問題がというよりも親からの虐待を逃れるための生存戦略の一つといってもいい。

これは虐待を受けたサバイバーから聞いているのは間違いではない。

 児童相談所がこども虐待についていかなる危機管理がなされているのかそれを知りたいそれがいまの私の関心ごとである。

 今年も大阪では今さんの講演会を企画している。これを契機にこども虐待について関心をもってほしい。

 最近は自分のまわりしかものを見ない人が多いです。

  

 

 

6月3日の日記 依存症 ストーカーなど

6月に入る。

蒸し暑くなってきた。

ばてないように頑張らねばと思いつつ日々を過ごしている。

3日は病院の清掃、夕刊の配達をこなす。

夜に梅田に床屋に行く。

帰りに阪急京都線で事故があって阪急で帰るところ地下鉄で帰る。

帰り道、今さんの講演会関係で知り合った尾野さんのツイキャストを聞く。

依存症やストーカーに関しての本の紹介などを聞く。

虐待について関わっているためか依存症やストーカーの被害を受けている

知り合いが多い。聞いていると厄介な問題である。

自分たちで解決できる、できないがあってできないとすればいかに専門家、警察の助けを借りることができるのが課題かもしれない。

加害者も依存症である場合があるのでこれに対する教育、治療も課題であることも触れていた。

考えさせられる。

5月28日の日記

今日は朝から雨がふったりやんだりの天気。

午前中からどうも体調がすぐれぬと気にかけていると風邪を引いていた。

夕刊の間、どうもしんどいし、終えてから体も動けなくなる。

塾を休もうと思ったか、座っているだけやし、様子見でいるといけそうだったので

行くことにする。

塾ではテストの見直し。中学3の英語であるが、語彙力と読解力のなさが目立つ。

どうも授業で単語のテストをやることもなければ、教科書の本文の訳と解説もすることもない。プリント渡して済ませているという。

これでは英語の力が伸びてこない。

どうしたらいいものかと思案に暮れる。

1コマで授業が終わり安堵。

帰って風邪薬を飲んで休養する。

5月27日の日記

病院の清掃、夕刊の配達をこなしていく。

血糖は薬、インスリン

持続型を増やしているので400とかの高血糖は減っている。

低血糖がところどころに起きている。

一型糖尿病のやっかいなところである。

このところ疲れやすくなっている。

季節のせいか、体調によるものか。

やりたいことはいくつかあるが思うように進んでいない。

仕事の調整とかをしていきたいがうまくはかどらないでいる。

ライティングの仕事、noteの有料化による販売など新たな収入源を模索していきたい。

思案に暮れるこのごろです。

5月11日の日記

昼間は弁当屋で配達をする。

終えて中央図書館に本を借りに行く。

本は借りていくがなかなか思うように読めていない。

なんとか月に10冊程度は読みこなせれたらと思う。

この頃はインスリンランタスの量を増やして血糖のコントロールをしていく。

リブレで血糖を確認しつつ、インスリンをうっていく。

血糖は以前より400 500といったことはなく、maxで300程度に抑えていく。

そのためか気分がそれほどすぐれない。

疲れやすくなっている。

 

 

5月10日の日記 ノルマンディ75周年

朝から病院での清掃。

これは病院中を駆け回ってごみの回収をやっていく。

終えて昼過ぎから夕刊を配る。

夕刊を終えるとくたびれてくる。

病気によるものか体力からくるものか。

いろいろあるけれども気力で乗り切っているのが現状である。

NHKワールドニュースのフランスのニュースを見ていると第二次世界大戦ノルマンディの上陸作戦から75周年になる報道と第二次世界大戦戦勝記念日の報道を知る。

ノルマンディから75年、月日が経つのは早い。

上陸の6月4日あたりのノルマンディ周辺の宿泊地は満室とのことである。

行けるのであれば第二次大戦の戦場は巡ってみたいものである。