中間テストの結果

昼間のピークに弁当屋にて配達の仕事をこなす。

夕刊のあと、西九条にて塾の仕事。

中間テストを終えて生徒に結果を聞くが悲喜こもごも。

今年は受験生を多く抱えているので

一学期の間はいい結果と望んでいるのですが。

ブラジル産の鶏肉

月曜日は午前中は病院の清掃、夕刊をこなしていく。

夕刊のあとはオフ。

夕飯に鳥スキ。

業務館で購入したブラジルの鶏肉。

安いので1kgで700円から800円。

先入観がなければ国産のそれとはそう変わらない。

ぷりぷりしていて歯ごたえがある。

割下にヤマサのすき焼きのたれ。

いくつかすき焼きのタレは使ったことがある

 

がここのは醤油のメーカーだけあってコクが

ある。

すき焼きは肉によっては選択肢はいろいろある。

5月27日の日記

日曜日は晴れの一日。

一日、弁当屋の配達をこなしていく。

この時期は風がひんやりとしていてバイクに乗っていて心地いい。

日曜日は大河ドラマとBSのドラマと仕事を終えてからが慌ただしい。

西郷どんは西郷どんというより正助どんといった内容。

正助が斉興や久光に取り込むことで藩の中軸に入っていくことで藩の改革を

目指していく、瑛太の骨太の芝居がいい。

仲間との価値観のずれがみられてきてのちの悲劇の発端が見えてくる。

松健のPTAグランパが今日で最終回。

楽しく拝見していたので残念。

5月26日の日記

昨日は1日 弁当屋での仕事。

このごろは朝鮮半島が慌ただしい。

トランプと金正恩の首脳会談が取り止め

と思いきや今日は今日で夜に南北首脳会談。

朝鮮半島は当事者だけでなくアメリカや中国の思惑も見据えないと見えにくい。

かつて、ドン オーヴァーフォルトの二つのコリアを読んだ時の朝鮮が日本から解放されたときのあと処理は何も考えられていないという文書が心にのこる。

朝鮮半島の歴史は大国の思惑で振り回されて動いているのかも。

どうしても朝鮮半島を見ると悲観的になってしまう。

今朝の産經新聞から

女性の閣僚と党首の辞任。

女性の社会進出が取り出されるなかで。

防衛大臣の扱いが民進党より大きいのが個人的は笑える。f:id:tatsuro1973:20170728071038j:plain

第二次世界大戦

昨日は、午前中は病院での清掃、夕方から高槻で春期講習。

春期講習も先週から一週間くらい続いたが今日で終わるので一安心。

社会教えていて、フランスとドイツの地図上での位置が掴めないことが多々ある。地理は地図帳と照らし合わせてやっていかないと力がおぼつかない。

最近の社会は何を教えているのか。

高槻からの行き帰りにアントニー ビーヴァーの第二次世界大戦の中巻を読んでいる。

下巻から読んでいて末期のヨーロッパでのソ連の占領地での兵士たちの略奪、婦女への強姦等の記述は目を覆うばかり。

いささかどうかなという部分もあるが、通史として読んでいくにはいいかも。

 スターリンの領土への飽くなき欲望、人への不信感は読んでいて嫌になるが、終戦時に彼と和平交渉をやろうとした日本政府はスターリンの性格を見抜けなかったのかと思いがよぎる。

 出なければ満州シベリアでの悲劇は別のものになっていたかも。

 

第二次世界大戦1939-45(上)

第二次世界大戦1939-45(上)

 

 

 

第二次世界大戦1939-45(中)

第二次世界大戦1939-45(中)

 

 

 

第二次世界大戦1939-45(下)

第二次世界大戦1939-45(下)